家相鑑定を受けられタイミング

ここの所、家相鑑定 新築やお引越しのご相談が多いのですが、気になる事ありましたので、書かせて頂きますね

ここ数件、土地を購入しました。只今、建築会社さんと間取りを相談中です。ですから少しでも良くなる様に鑑定して頂きたいのですが。と言う申し込みがありました。

でも、もうこの段階まで進んでいますと、令翠学では、お伝えする事が何もないのです…。

令翠学では、家を建てる時期をとても重要視します。ご家族の場合でしたら、ご夫婦の運命周期をしっかり観なくてはいけません。

そして、方位も重要です。今までお住みの所からどちらの方位に動くのか?これもご家族ならご夫婦の吉方位が必須です

それから、環境もあります。例えばですが、水令星の場合は、近くに 溜まった水がある場所(池、沼、湖、等)は、避けなければなりません。それぞれの令星にとってNGな環境もしっかりお伝えします。そしてもちろんその理由も

それらの事が整って、初めて、契約や間取りの相談開始です

日本では、昔から家を建てられると言う事を非常に重要視してきました。古い言葉では、土地負けと言う言葉もありますしね。土地負け言う言葉、ググってみて下さいね

令翠学の様な、自然を読み解いた学問などに余り興味がないけれど、家を建てる時だけは、観て欲しいといらっしゃる方、また若いカップルも、ご両親やおばあちゃんから、家を建てる時だけは、観て貰いなさい!と言われて来ましたと言う方も多いです

ですので、相談のタイミングは、頭の中で、家を建てようかなぁー?ってチラッと思った時に来て頂くのが良いですよーっ。そうしますと、明確に、全てお伝え出来ます♡

ある程度決まっている中で、少しでも 良くなる事、教えて下さいと言われも、お伝え出来る事は、少いです。間取り決めの段階まで行っている場合では、選んだ事の答え合わせをするだけの状態になってしまう事も。

こう言う場合は鑑定を受けない事もあります。何も伝えられないのに鑑定料金を頂く事も出来ませんのでねーっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です